森永ラムネを食べるべきタイミングとは?ブドウ糖の効果や注意点などについて。

二日酔いに効くとか、疲れたときにはとかでプチリバイバルブームな森永ラムネ。

 

森永ラムネはブドウ糖90%だから良い」ってことで、家の常備お菓子として買ってあります。

森永製菓 ラムネ 29g×20個

森永製菓 ラムネ 29g×20個

1,120円(10/19 15:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

口さみしい時や子どものちょっとしたオヤツによく食べています。

「森永ラムネはブドウ糖90%だから良い」ってとこまでは知ってても、なんでブドウ糖だと良いのかってのはイマイチわかってなかったんで、いろいろと調べてみました。


スポンサーリンク

まずは森永ラムネの詳細

まずは森永ラムネを細かく調べると、

  • 【内容量】29g
  • 【栄養成分】熱量:108kcal たんぱく質:0g 脂質:0.3g 炭水化物:26.2g 食塩相当量:0g
  • 【原材料】ぶどう糖、タピオカでん粉、ミルクカルシウム/酸味料、乳化剤、香料、(一部に乳成分・ゼラチンを含む)

(出典:MORINAGA – ラムネ)

とこんな感じ。

「ブドウ糖90%」ってのがホントならば、1本29gのうち26.1gはブドウ糖で、残りの2.9gがその他ってことですね。

1本で29gって何粒なのか気になって、森永ラムネを開けて数えてみたら1本で42粒入ってました。

 

まぁ、内容量表記はグラムなんで多少の差はあれども、±1粒ってとこですかね。

仮に42粒で計算すると、1粒が約0.69gそのうち0.621gがブドウ糖ってことになりますかね。

1粒0.69gのうち0.621gって、もうラムネっていうかブドウ糖の塊」っていっても良いかと。

ブドウ糖ってつまり?

さて、次はわかってるようでよくわかんないブドウ糖についてサラッとしらべてみます。

ブドウ糖の良いところ

ブドウ糖は脳や筋肉のエネルギー源である。

  • 摂取されたブドウ糖の80%は脳のエネルギーとして使われ、残りの20%は赤血球や筋肉のエネルギーとして使われる。
  • 脳はブドウ糖を唯一のエネルギーとしているが貯めておくことができない。

ブドウ糖は単糖類なので吸収が早い。

  • 糖類は「単糖類」「二糖類」「多糖類」と分類されるがブドウ糖は単糖類。
  • これ以上分解できない単糖にはじめからなっているので、すぐに吸収される。
  • 今すぐ栄養が欲しい!というときに最適。

とこんな感じです。

もちろんブドウ糖などの糖質類は、ラムネ以外にもうどんバナナはちみつにも多く含まれます。

けれども、これらは消化されて分解されてからブドウ糖として吸収されます。

なので、吸収スピードはブドウ糖の塊である森永ラムネには敵わないってことになりますね。

ブドウ糖の摂取で気をつけるべきポイント

栄養のバランス

  • 当たり前ですがブドウ糖だけで生きてはいけません。栄養は様々な食品からバランスよくが大事です。

大量に摂取しない

  • ブドウ糖の摂取目安量は老若男女に関係なく、1日150g程度とされています。
  • 一度に大量に摂取すると血糖値が一気に上がるので身体が血糖値を下げようとインシュリンが分泌されて、かえって集中力がなくなったり、眠くなったりします。

肥満や糖尿病の人

  • 「脳はブドウ糖を貯めておけない」とありましたが身体には脂肪として蓄積されるので注意です。
  • また吸収が早いブドウ糖は、血糖値をグッとあげるので糖尿病の人は控えたほうがよさそうです。

スポンサーリンク

で、結局いつ?どのくらい?食べるのがいいの?

なるほど、ブドウ糖のことはなーんとなくわかった気がしますね。

んじゃ、摂取するナイスなタイミングとその量ってどのくらいなのかを調べてみました。

デスクワーク・勉強

脳のエネルギーとして素早く作用するブドウ糖を摂取するには、脳を酷使するデスクワークや勉強中が最適。

ブドウ糖が不足してくると、集中力が欠けてきたりイライラしたりボーっとしたり。

そんな時こそラムネです!

運動中

摂取したブドウ糖の80%は脳で使われてしまうのでスポーツには関係ないと思われます。

しかし、脳のエネルギーが不足すると身体がダルく感じるようになったり正常な判断のスピードが遅くなったりします。

休憩中に積極的にブドウ糖を補給したほうが、スポーツのパフォーマンス維持のためにも良いといえます。

そんな時こそラムネです!

適切な摂取量

で、「何粒食べればその効果あるの?」ってこれも気になるとこですよね。

調べてみましたが、納得できる根拠があって何粒って答えはみつけられませんでした。

けれども、だいたいが1回10粒を推奨してました。

森永ラムネ10粒だと…

  • 森永ラムネ1粒でブドウ糖0.621gなので10粒で摂取できるブドウ糖は6.21g
  • 1日のブドウ糖必要量は約150gらしい。
  • ザックリ計算で、1時間あたりだいたい6.25gブドウ糖を消費してることになる。
  • つまり、10粒食べるとだいたい1時間分のブドウ糖を摂取するということになる。

って事がいえるのかと思います。

それが多いのか少ないのかはよくわかりませんが、なんとなくの目安にはなりそうですね。

ブドウ糖と二日酔いについて

二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解にはブドウ糖が効果的って説もあって、調べてみたんですけどいまいちはっきりとした答えは探せませんでした。

ただ、それに関しては埼玉医科大学高度救命救急センターのコラムがなんかわかりやすかったのでリンク貼っておきます。

ラムネのお菓子は、飲酒後に最適?』埼玉医科大学高度救命救急センターの日常

まとめ

さて今回は森永ラムネとブドウ糖について色々と調べてみましたが、なんか調べれば調べるほど気軽に食べれなくなってきた気がします。

Amazonでブドウ糖のタブレットなんかも見つけてどうなのかなと思ったんですけれど、手に入れやすさとかを考慮してもコンビニでも買える森永ラムネの勝ち。

とりあえず箱買いしておきましょ。

森永製菓 ラムネ 29g×20個

森永製菓 ラムネ 29g×20個

1,120円(10/19 15:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

疲れた時やもうひと頑張りって時のブースターアイテムとして常備して上手に使いたいですね。

…………

ありがとうございました。

御参考までに。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください